有限会社テオリア 思考と行動を図解で可視化する

有限会社テオリア 図解で仕事を可視化する専門家として、図解の技術の提供・図解化サービスを提供しています!

TEL. 025-531-1151


〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91


e-meil. info@teoria.co.jp
難しいテーマほど図解の出番

難しいテーマほど図解の出番

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:難しいテーマほど図解の出番

難しいテーマほど図解の出番

池田さんの図解は、分かりにくい..と言われました。

私たちのプレゼンは、
1枚に5行くらいの箇条書き
それだとパッと見て理解できるだけど
池田さんの図解だと
パット見ただけで分からない

このように言われることがあります。

そうです。
間違いないです。
私の作っている図解には
分かりにくいモノがたくさんあります。

実は、私も
数行のパワーポイントをたくさん作っています。

松下幸之助氏やドラッガーの本からの引用です。

考え方や方針を示すには
複雑な図解は必要ありません。

A4版1枚に数行の箇条書きが有効です。

でも、この右の図のような
「人材マッチングシステムの概要」のような
仕組みを正しく伝えるためにどうしたら良いでしょうか?

左の箇条書きでしょうか?
右の図解でしょうか?

もし、図解を使わないで
数行の箇条書きのパワポを使ったとしたら?

もう、見るに堪えないくらいの枚数になります。
誤解されないように注意して書くほど枚数が増えます。

50~100枚くらいでしょうか?
サンプルとして書いてみる気もしません。

説明されていて..
もう勘弁してくれとなります。
いつまで続くのとなります。
その上、枚数が多くなり過ぎると全体が見えなくなります。

2~3枚抜いて説明しても誰も気が付かないでしょう!

図解で書くと
A4版1枚で全体像を表現できます。

その上、こんな良いこともあります。
・全体を見渡し
・細部の理解に進める
・足りない部分、間違っている部分発見
・全体像を確認しながら修正できる
これが良いんです。

図解にすることで、みんなで全体を見渡し、
弱い所を見つけてみんなで直していけるんです。

箇条書き表現と図解表現は出番が違うんです。

■箇条書きは
何かの概念や方針を示すだけなら有効です。
変に、箱に入れることも不要です。
数行の箇条書きの方がわかりやすいです。

■図解は
仕事の仕組みや構造を示すことに有効です。
登場人物を明示し、それぞれの関係をつなぎ
関係同士が、どうつながるのかを構造化します。

難しいテーマほど図解の出番です。

実は、一緒に論じることに無理があるんです。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です